freks blog

about

Firebase Storageの保存バイト数を減らす

Firebase storage の保存バイト数が、アップロードしたファイルの割に大きすぎるのに気づきました

storage usage

アップロードしたファイルの容量合わせても 10MB もないのに、570MB にもなっている

調べると Firebase function をデプロイする際に、docker container が作られるらしくその image が残ってるらしい...

Firebase の管理画面だとこれ以上のことがわからなかったのですが、 Firebase の実態は、Google Cloud Platform なので GCP の管理画面で確認できました

google cloud platform storage

URL だと https://console.cloud.google.com/storage/browser でプロジェクト選んだところです

gcf-sources-626516263841-us-central1 は、Firebase Function で必要なもの xxxxx.appspot.com は、Firebase Storage でアップロードしたファイル
が入ってました

us.artifacts.xxxxx.appspot.com が docker container が入っているっぽいです
これを消すだけでもよさそうですが、毎回たまるのもいやなので自動で消えるようにしてみました

us.artifacts.xxxxx.appspot.com を選択、ライフサイクルを開く、ルールの追加

アクションの選択 > 削除
オブジェクト条件の選択 > 日数 > 3 日

にしてみました

google cloud platform storage life event

2 日後くらいに確認すると、無事数百 kB へ減っていました