freks blog

Rubyのインストール

rbenv

rbenvを使います

Ubuntu 18.02で試しました

Readmeの記載通りにインストール

$ git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv
$ cd ~/.rbenv && src/configure && make -C src

Ubuntuを使っているので、.bashrcに追記

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

check rbenv

rbenv-doctorでrbenvをチェックする

$ curl -fsSL https://github.com/rbenv/rbenv-installer/raw/master/bin/rbenv-doctor | bash

update rbenv

$ cd ~/.rbenv
$ git pull

install ruby-build

rbenv installを使うためにはruby-buildが必要
rbenv/ruby-build: Compile and install Ruby

$ mkdir -p "$(rbenv root)"/plugins
$ git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git "$(rbenv root)"/plugins/ruby-build

update ruby-build

$ cd "$(rbenv root)"/plugins/ruby-build && git pull

Rubyをインストールする

$ rbenv install -l
$ rbenv install 2.6.0

システム全体で使うRuby versionの指定

$ rbenv global 2.6.0

Rubygems

バージョンアップ

$ gem update --system

bundler

gem管理に
Bundler: The best way to manage a Ruby application's gems を使います

$ gem install bundler

初期化

$ bundle init

Gemfileに書かれたgemをインストール
--path をつけると指定したところへインストール
つけないとシステムへインストール

bundle install --path vendor/bundle

一度 --path をつけると記憶され2回目からは指定いらない

実行
bundle exec をつけないとシステムのgemを実行する

bundle exec rails -v