freks blog

思考の整理学を読んだ

だいぶ前に買ってて読んでなく積まれていた、思考の整理学を読みました

たしか東大生に売れてるとか人気とかそんな感じの宣伝されてて買った記憶

表題通り、思考の整理など思考についての数ページからなるエッセイが詰め込まれた本です
エッセイ形式ですが、つながりはあるので一度は通して読むのがいいです

学校でならった知識はレールの上をいくだけの知識、社会に出れば独自に考えることが必要だったり、ずっと悩んで考えてわからなかったことが、寝て起きるとわかったりシャワー浴びてたときにひらめいたり、とかをきれいにまとめてくれており、意識的にそういう行動ができるようこの本を読み返すのがよさそう

全223ページで、1つ1つが短く読みやすくまとめられていたのであっさり読むことが出来ました