freks blog

about

VSCode extention Ruby LSPを使ってみる

created: 2023-04-06

Ruby の LSP といえば solargraph で、VSCode で Ruby - Visual Studio Marketplace を使って利用して(いたと思う)いましたが、Shopify 製の Ruby LSP - Visual Studio Marketplace に乗り換えてみました

きっかけは Ruby with Visual Studio Code にのっていたからでした

Ruby - Visual Studio Marketplace を disabled にします VSCode の settings.json を開きます 使わなくなっていた設定がグレーアウトしているので消します

Ruby LSP - Visual Studio Marketplace をインストール

settings.json に

  "rubyLsp.formatter": "rubocop",
  "rubyLsp.rubyVersionManager": "rbenv"

と設定を加えます これで、format 効いて動いてそうでした

右下の Ruby {} みたいなところをクリックすると動いている状態が分かります

コードジャンプはしないみたいでした



おすすめRuby本

プロを目指す人のためのRuby入門[改訂2版] 言語仕様からテスト駆動開発・デバッグ技法まで

このリンクは、アフィリエイトリンクです


Amazonのアソシエイトとして、blog.freks.jp は適格販売により収入を得ています。
This site is managed by freks