freks blog

Visual Studio Codeの設定

Visual Studio Code - Code Editing. Redefined
の Windows10 上で設定まとめです

Terminal を WSL にする

Ctrl + @ でターミナルが立ち上がりますが、デフォルトだと powershell とかなので、WSL にします
WSL で Ubuntu 18.04 を入れた状態で、File > Preference > Setting で terminal.integrated.shell.windows で検索すると setting.json が開けるのでそこに

"terminal.integrated.shell.windows": "ubuntu1804.exe",
"terminal.integrated.shellArgs.windows": [
    "run",
    "/bin/bash"
]

で切り替えられました

WSL 内の Git を使えるようにする

Git for Windows を入れたりせず、WSL 内の Git を使うには

Releases · andy-5/wslgit

の wslgit.exe をダウンロード

C:\_Tools\wslgit.exe においてみました

VScode の設定を Ctrl + , で開いて、git.path で検索、無いので追記します

git path

VSCode を再起動すると Git が使えるようになりました
ただ、やたらと重いのでターミナルでコマンド打ってます...(2019-04-05 現在)

config

"editor.renderControlCharacters": true

制御文字を表示する

shortcut

eslint

eslint をコマンドラインで動くようにしておいて
拡張を入れます
ESLint - Visual Studio Marketplace

Ctrl + shift + p で

  • ESlint: Enable すると有効に
  • ESlint: Fix all ... すると自動で直します

prettier

prettier をコマンドラインで動くようにしておいて
拡張をいれます
Prettier - Code formatter - Visual Studio Marketplace

Ctrl + , で設定開いて prettier を打ち込んで検索して
Prettier Eslint integration にチェックを入れる

prettier setting

整形するときは
Ctrl + Shift + p, Format Document