freks blog

Windows10の環境セットアップ

※追記
XPS 15 9570 を買ったのでやったことまとめ | freks blog のほうが新しいです

新しい PC を買ったのですが、届く前に今使っている PC のセットアップをまとめました

初めにすること

  • Windows Update
  • Dell Update (Dell の場合)
  • 不要なアプリを削除

CapsLock に Ctrl を割り当てる

Ctrl2capを使う

ダウンロードして exe を実行する
管理者権限が必要なので、コマンドプロンプトを右クリック、管理者権限で実行する

> ctrl2cap.exe /install

ソフトウェア

ググって最新を入れます

ブラウザ

  • Google Chrome
  • Firefox
  • Vivaldi

    • pin: Toggl
    • pin: Trello
    • pin: google music
    • pin: Dropbox Paper
  • Brave

    • pin: Feedly

アプリ

Skype はブラウザ版を使う

基本的に開発は Windows Subsystem for Linux(WSL)上で行います

  • WSL

Install Windows Subsystem for Linux (WSL) on on Windows 10 | Microsoft Docs

右クリック > 送る へショートカット追加

Windows + R を押して[ファイル名を実行して起動]を起動

shell:sendto

で、VS Code のショートカットを追加

スタートアップ内の不要なものを削除

Windows + R を押して[ファイル名を実行して起動]を起動

shell:startup

で、不要なショートカットを削除

  • Google 日本語入力

Ctrl + Space -> 英数字入力
Ctrl + Shift + Space -> かな入力

のショートカットを設定

ターミナル

Release からダウンロードして解凍
C:\Tool\wsl-terminal に設置

open-wsl.exe のショートカットを作って
open-wsl.exe -l で起動
-l をつけると、シェルのログインディレクトリがカレントディレクトリになります

参照) Added -l param to README.md · goreliu/wsl-terminal@7d0a883

アップデートは

./cmdtool update

立ち上げてから左上アイコンの右クリック>オプションでフォントを Ricky Diminished Discord に変更

コマンドプロンプトで

wslconfig /l

するとディストリビューション一覧が表示できる
右クリックのコンテキストメニューに増やすこともできるが好みじゃないのでやっていない

WSL 設定

ディレクトリのパーミッションが 777 になるので変更する
設定ファイルを新規作成する

$ vim /etc/wsl.conf

[automount]
enable = true
root = /mnt/
options = "metadata,uid=1000,gid=1000,umask=22"

リファレンス Automatically Configuring WSL – Windows Command Line Tools For Developers

設定を反映するにはサービス LxssManager の再起動が必要

Ubuntu 設定

Ubuntu 設定にまとめてます

ソフトウェア on WSL

キーマッピング

AutoHotKey をいれてキーをカスタマイズ

  • Ctrl+Enter -> Esc に割当て(セパレートキーボード+Vim 用)

できたファイルのショートカットをスタートアップに入れておく